試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

シンプル以上の感覚

a0022584_23425920.jpg
本日は秋分の日なり。
恥ずかしながら、本日初にして、「初台」に降車した。
「いい日」とか「楽しい日」とか「美味しい日」とか「ステキな日」とか、
感覚的なものをシンプルに表現しようとする場合、
やはり、シンプルな言葉になってしまう。


私の母は元コピーライターだが、
「凝ったコピー」や「小洒落たコピー」を、
頭と体を捻らせて絞り出すという創造作業をしていた若い時代を経て、
その創造作業を実践する経験を積んだ後は、
結局、行き着くところはシンプルなものになる、と言っていた。


a0022584_2344882.jpgしかし、シンプルに表現しただけでは「不足」過ぎると私は感じてしまう。
言葉は「ちぐはぐ」過ぎて、「ぴったり」と感じたためしがない。
そういえば、荒川洋治氏が
「本当に思っていることを、うまく書けない文章のほうが
ときには文章としては上である。」
と言っていた。
そうだ、言葉は空語だった。

修飾に修飾を重ね、
暗喩に暗喩を重ね、
直喩に直喩を重ねる、
という表現方法は、きっと通過点でしかないのかもしれない。

でも、ただ茫漠とあるのは「産みの苦しみ」。
[PR]
by epokhe | 2004-09-23 23:44
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite