試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

弟という実存

a0022584_0163462.jpg
今から、弟の英語の課題をやってやる。
英訳です、英訳。
これは全く弟のためにならない行為だということは自覚している。

私は親バカならぬ、「姉バカ」である。
と、思う。
弟が可愛くて仕方ない。
可愛いっつっても、もう今年で20歳だが・・・。
勿論、小さい頃はよく喧嘩もしたし、今まで厳しく躾もしてきた。
とっても憎らしく思う時期もあった。
うっとうしい存在だと感じる時もあった。
また、肌も綺麗で肉体美だし容姿に恵まれてるから、
「あんたは女に生まれた方が良かったんじゃない?」
とも思った。
でも、今はどうしても「他人事」とは思えない人物だ。
私の周りを見渡すと、弟がいる女の子が結構多いのだが、
やはり皆、弟を可愛がっているし自慢げにしている感がある。
弟って、そうなのだろうか。
お姉ちゃんにとっての弟は、そういうパターンがよくある。
お兄ちゃんにとっての弟は、また違うかもしれないが。
[PR]
by epokhe | 2004-10-05 00:16
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite