試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

metaphysicalが身近な日本

a0022584_230312.jpg
日本で仏壇を見た外国人来日客は、
それが一体何なのか知りたがる。
「仏壇」を外国人に説明する時は、何て言ったら良いのだろう。
「この世とあの世の通路です。」
「死んだ人との交流の場です。」
「physicalとmetaphysicalの接点です。」
などと言うのが適当なのだろうけど、
彼らは絶対に「ワケワカラン」と思う。
特に相手が厳格なカトリックの場合、
確実に理解できずに首をかしげる。
考えてみれば、日本人の私でも、言葉で説明してみると
「何て神秘的な伝統だろう。」と思ってしまった。
葬式などの法事も、「この世」で行われているから面白い。
法事というのは、全くもって、遺族のphysicalな世界での行事である。
metaphysicalに通じるものが、日本の現実界には混在していて興味深い。

Cf.現象以外のことを考えざるを得ない、考えてしまう衝動
[PR]
by epokhe | 2004-10-08 23:01
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite