試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

「鬼十則」をどう捉えるか

a0022584_2250789.jpg
大手広告代理店D社に行った時、
「鬼十則」というのを渡された。
プレゼンテーションシートの、ある箇所を記入する際に、
参照にしてください、とのこと。
書類を整理していたら出てきたので、
その「鬼十則」を以下に。

D人の行動規範「鬼十則」

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2.仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4.難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは・・・・・・。
6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、
  永い間に天地のひらきができる。
7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、
  そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、
  サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

                                                 以上


「鬼」ってのが凄いと思った。

「鬼」が意味する表象を述べると・・・、
怪力・勇猛・無慈悲で、恐ろしい
非常に勇猛な人
ある事に精魂を傾けそそぐ人
むごくて思いやりのない人
血も涙もない人
人にたたりをする無形の恐ろしいもの
強くて恐ろしい
むごい
ひどい
大形の・・・、など。

うーん、流石D社。
[PR]
by epokhe | 2004-10-11 23:00
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite