試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

現象以外のことを考えざるを得ない、考えてしまう衝動

a0022584_16111570.jpg

metaphysical・・・形而上学的 = ideal
超える

physical・・・形而下的(身体的、物理的、自然的、自然科学的 etc.) = real


法律や政治などで語られている、
「自由」とか「人権」とか「愛」とか「正義」とかというのは
physicalの面では説明できない。
だから、法律だって政治だって、結局は形而上学的なものを根拠としている。
少なくとも、必然として超越論的なものだ。
経験的には説明不可能な、空間・時間軸を超えたことを前提としているため、
結論としては、法学や政治学なんかで扱えるようなレベルではない。
そう考えると、やっぱりちょっと無理があるよ、と思う。

形而上学は突き詰めていくと宗教的問題と重なる。
例えば、「イラク戦争」は、一種の宗教戦争だと言える。
アメリカは、「十字軍」として派遣している。
「正義」という言葉は、人を評価する時に用いるのは分かるが、
自分の行動を「正義」によって根拠付けるのは、かなり怪しげである。
こういうのを見ていると、人間愛(人類愛)というのは、一般にはないと思う。
同胞愛(民族愛)はある。
「神の名において」殺し合いをする、というのは説明がつかない。
ideal ( metaphtsical )な宗教というものが、
我々のreal ( physical )な生活に密着した、
かなり深刻な問題になっている。
[PR]
by epokhe | 2004-10-12 16:13
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite