試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

或る発言から見える像

a0022584_039383.jpg

こんなことをここで書いていいのか分からないが、
最近、頭に響き渡った発言を・・・。

私は高校3年生と中学1年生の家庭教師をしているのだが
その中1の男の子が只今、思春期突入の気配(既に?)。
彼をT君としよう。
T君は、松浦亜○が大嫌い。
T君だけでなく、彼の家族は全員嫌いらしい。
「つん○」を、「悪の権化」と呼んでいる。
松浦亜○が「午後の紅○」のCMに出演するようになってから
彼の家庭では「午後の紅○」を購入しなくなったという。
その話をしている時、私が、
「T君の家族は皆、松浦亜○が嫌いって言ってたよね。お母さんもお姉ちゃんも。あ、お父さんは?お父さんとかは好きそうじゃない?」
と聞いたところ
「あの人は、家庭にカウントされてない。」
と、T君がぼそり。
そっか、そっか、そういうものだよね。
それが現代というものだ。
世の父親というのは、多かれ少なかれその種の表象を帯びている。
断っておくが、T君というのは
他に類を見ない程の純粋さと素直さを保持した少年である。
イマドキ珍しいくらいにスレていない子だ。
それでも、こういう発言が出てくるのだから、
恐らくこんなもんなんだろうと考える。
[PR]
by epokhe | 2004-10-20 00:41
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite