試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

死なない蛸(たこ)

a0022584_091766.jpg

萩原朔太郎  ≪死なない蛸≫

ある水族館の水槽で、ひさしい間、飢えた蛸が飼われていた。
地下の薄暗い岩の影で、青ざめた玻瑠天井の光線が、いつも悲しげに漂っていた。

だれも人々は、その薄暗い水槽を忘れていた。
もう久しい以前に、蛸は死んだと思われていた。
そして腐った海水だけが、埃っぽい日ざしの中で、いつも硝子窓の槽にたまっていた。

けれども動物は死ななかった。
蛸は岩影にかくれていたのだ。
そして彼が目を覚ました時、不幸な、忘れられた槽の中で、幾日も幾日も、恐ろしい飢餓を忍ばねばならなかった。
どこにも餌食がなく、食物が尽きてしまった時、彼は自分の足をもいで食った。
まづその一本を。
それから次の一本を。
それから、最後に、それがすっかりおしまいになった時、今度は胴を裏がえして、内臓の一部を食いはじめた。
少しずつ、他の一部から一部へと。
順々に。

かくして蛸は、彼の身体全体を食いつくしてしまった。
外皮から、脳髄から、胃袋から。
どこもかしこも、すべて残る隈なく。
完全に。

ある朝、ふと番人がそこに来た時、水槽の中は空っぽになっていた。
曇った埃っぽい硝子の中で、藍色の透き通った潮水と、なよなよした海草とが動いていた。
そしてどこの岩の隅々にも、もはや生物の姿は見えなかった。
蛸は実際に、すっかり消滅してしまったのである。

けれども蛸は死ななかった。
彼が消えてしまった後ですらも、なおかつ永遠にそこに生きていた。
古ぼけた、空っぽの、忘れられた水族館の槽の中で。
永遠に――おそらくは幾世紀の間を通じて――ある物すごい欠乏と不満をもった、人の目に見えない動物が生きていた。


(以上、詩集『宿命』より)

*******************************

こんな、人の目に見えない動物も感じていたい。
死なない蛸は、きっと私達自身だ。
恐らく今、私達は、死なない蛸に向かってなだれおちていく時代を、
生きている。
或いは、死なない蛸に未来を見るしかない時代を生きている。
人の目に見えない動物は、現在の解釈システムの無効性を告げており、
私達が「現在」にとどまり続けることの不可能性を告げている。
だからこそ、「普通」の帝国に、私達はとどまるわけにはいかない。
なんちって。

*******************************

こちらで『死なない蛸』の朗読が聴けます!
お時間のある方は是非!
[PR]
by epokhe | 2004-10-25 00:09
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite