試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

「新札」の真相 ~ほんとココだけの話~ 秘話中の秘話

a0022584_20102947.jpg

11月1日から「新札」が登場する。
財務省は、「偽造抵抗力強化」の観点から新券を製造することを決定した
としているが、それにしては、オカシイと思いませんか?
財務省が言う理由は建前上の理由であって、
実は、真の理由は別にあるのです。
ココだけの話ですが、記事を読んでくださっている方々には
こっそりお教えしましょう。

ズバリ!
事の全ては、新渡戸稲造にあります!
1904年当時、日本は朝鮮人を強制収容していて、
それを支持・指揮していたのが、新渡戸稲造という人物であった。
そして、数年前、北海道大学の下から、
当時収容されていた朝鮮人の人骨が、大量に発掘されたのだ。
これらの人骨がどう処理されたのかは知らないが、
とにかく、現在の朝鮮との情勢において、収容支持していた代表的人物を
国の紙幣の図柄に掲げておくのは非常にまずい、ということになった。
よって、五千円札の図柄を早急に変更せねば、ということになり、
だからといって五千円札だけ変更するのは不自然だから、
千円札の図柄も変更しよう、という運びになった。

つまり、夏目漱石は、新渡戸稲造の道連れなのです。
夏目さんは悪くありません。
夏目さんは、「とばっちり」を喰らっただけです。

壱万円札が福沢諭吉のままなのは、もう言わずとも明らかだと思うが、
福沢さんがケーオーの創立者だからです。
ケーオー系列の政治家や官僚が、
彼を残存させたがる心情はよく分かります。

よって、今回の新札騒動は、極めて対外的な理由によるものです。
「偽造抵抗力強化」なんていうのは、ほんの建前に過ぎない。
偽造抵抗力を強化したいだけだったら、必ずしも図柄を変える必要はないし、
もし変えるんだったら、全ての札において変えるのが妥当であるのに、
それはしていないのである。

どう考えても奇妙だったが、真相を知って納得した。
とにかく、発端は全て新渡戸稲造にあるんだから。

ほんとココだけの話として宜しくね。
[PR]
by epokhe | 2004-10-30 20:17
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite