試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

夜中のタクシー

a0022584_23305446.jpg

とある休日。
時刻は午前1時。
真夜中。
タクシーに乗り、行き先を告げると、運転手がビックリしたような顔をする。
そして、その運転手さんは
「さっきから、お客さん3人続けて○○○○に行かれるんですよ。だから、私、さっきからそこを行ったり来たりしてるんです。今日は○○○○で、何かあるんですか?」
と言う。
私は、知りません、分かりませんと言っているのに、しつこく聞いてくる。
4人もたて続けに同じ目的地を指定したら、そりゃあ気になるのだろう。
そして、しまいには
「これから何かあるんですか?○○○○でビジネスのミーティングとかあるんですか?」
と聞いてきた。
えっ?!
ビジネスのミーティング???
こ、これから???
休日の夜中の1時から、ビジネスのミーティング???
私、そんなにバリバリビジネスマンに見えますか?
そんな必殺仕事人に見えますか?
どっちかって言うと、これから「夜のお仕事」って感じに見えませんかね?
持ってるバッグだって、明らかにビジネスバッグではないし。
確かに、手に書類は抱えてたけど、これは単なるパンフですよ。
んー、そっかー、と思いながらタクシーを降りた。
それにしても、休日の夜中の1時にミーティングとかしてる人達って、世の中にはいっぱいいるんだろうな。
皆さん、精根燃やしていらっしゃる。
あるがままでないことに精を出していらっしゃる。
そして、当の私も、あるがままでないことに精魂注いで精根使っている。
[PR]
by epokhe | 2004-11-29 23:31
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite