試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

一期一会

KIHACHIカフェの前にて、弟と順番待ちで座っていると、伊勢丹のショッピングバッグと大きめの鞄を持った、恰幅の良い中高年男性一人が私達の後に並んだ。
列の順番が進み、席をずれると、
「席つめなくちゃいけないのかな。面倒だな。」
と、その男性は一人で言っている。
普通の人ならシカトするだろうが、弟は、
「いいんじゃないですか?!大丈夫ですよ。」
と、答えてあげていた。
で、私も笑顔で頷いておいた。
確かに、荷物多くて大変そうだし、次に人は並んでいないから、人が来るまで席をずれる必要はないだろう。
すると、その男性は一気に嬉しそうな顔になり、私達を笑顔で眺めている。
そして、
「どうだい、2人は結婚については。」
と話し掛けてきた。
どうやら、私達はカップルに見えたようだ。
私が、
「私達、キョウダイなんですよ。」
と答えると、男性は「あぁ、なんだ、そっか、ナルホド」というような表情をした。
そして、弟が
「似てますか?」
と訊くと、私達2人の顔を交互に見比べて、指を差しながら
「いい男!!!いい女!!!」
と言い、満面の笑みで上機嫌のオジサマ。
挙げ句の果てには、
「一緒にお茶でも飲みましょう。ご馳走するよ。私はすぐに帰るから。」
と言い出した。
私達は慌ててお断りし、
「そんなことなさらないでください。後から人も来ますし。」
と、恐縮しながら断っていても、
「いいから、いいから。他の人も後から来るなら、伝票持ってきなさいよ。ご馳走しますから。」
と譲らない。
結局、数千円を強引に弟に渡し、
「ご馳走させてよ。私は60歳ですけど、こんなイイ兄弟は初めてだ!!感動した!!」
と仰った。
私達が、悪いです、困ります、と何度言ってもキッパリとした態度のオジサマ。
最終的に、深々と御礼を述べ、お金を受け取った。
オジサマは、どうってことないようだ。
服装や立ち居振る舞いから察しても、かなりのお金持ちオジサマと見た。
見ず知らずの人から、いきなりお金を戴いたのは初めてかもしれない。
でも、私達は何一つ親切をしたわけでもなく、ただ普通にボケーッと並んでいただけなのに。
私達の顔が、オジサマの好みの顔だったのだろうか。
赤の他人に絶賛されるような顔ではないと思うが・・・。
それとも、愛想の良い仲良し兄弟に見えたのだろうか。
見ず知らずの他人には、完璧シカトが前提のTOKYOだもんね。
TOKYOは無愛想人間が生きる街だもんね。
でも、こんなことが世の中にはあるんです。
これこそ、まさに一期一会。
もう二度と逢わないであろうオジサマに、もう一度、ありがとう。
そしてオジサマ、もしこの記事を目にすることがありましたら、是非ご一報ください。
[PR]
by epokhe | 2004-12-15 23:09
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite