試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

今朝、爪が剥がれた。
正確に言うと、途中まで剥がれてギリギリまだくっ付いている。
右手の中指の爪。
一番よく使う指。

途端に赤い血が溢れてきた。
痛いーーー。
死ぬーーー。
昨夜は私の部屋に宿泊客がいたので、一人でパニック状態になることは避けられ、面倒を見てもらった。
正確に言うと、一瞬パニックになって、なだめられて冷静になれた。
本当は今日、昨夜の宿泊客のお宅をご訪問する予定だったのに、トイレで自分のお尻さえまともに拭けなくなってしまった私がお邪魔しても、まさに「お邪魔」だと思い、断念した。
そもそも、行動・動作・仕草全てにかかる時間が、通常の30倍かかる。
中指が使えないって、こんなに辛く不便な拷問だったとは・・・。
使えないだけでなく、ちょっとでも何かに触れると激痛が走る。
電流が髄を駆け巡るー。
そして、それが暫く続くから、耐えられない。
少しでも気を抜くと中指を使ってしまう。
油断禁物。

この先数日間は、爪の存在のみ考えて生きてゆくことにします。
中指にだけ神経を集中させて生きてゆくことにします。
私の無意識の所で、こんなにたくさん働いてくれていたとは知らなかった。
中指さん、ありがとう。
爪さん、ごめんなさい。
もう、爪のこと意外は考えられません。
[PR]
by epokhe | 2005-02-06 16:00
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite