試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

「英会話」

先日、地下鉄の某駅ホームで、とある外国人の方に道(電車の方面や所要時間)を訊ねられた。
私はよく話しかけられる。
そして、相手が外国人だった場合、容赦なく英語で話しかけられる。
そういう顔をしているのだろうか。

彼は、オーストラリア出身で、某有名英会話スクールの教師をしているらしかった。
電車の方面が一緒だったため、数駅の間だが英語で喋った。
別れ際、メールアドレスを教えてほしいと言うので、名刺を手渡した。
たとえ身元がしっかりしていても、仕事以外の初対面で個人情報を明かすことはまずないのだが、今回は同情と言うか何と言うか、咄嗟で時間がなかったこともあり、教えてしまった。
すると、翌日早速PCにメールが届いた。

以下、固有名詞は一部修正(○には彼の名前が入ります)↓


Hey Epokhe,

this is ○○○○○ hope you remember me,
it is very very first time to meet any body accidently who can speak fluent english,
I am really surprised but enjoyed to talked with Epokhe,
You are very nice but Intellegant women,
I have to appreciate your kindness.

Even being as an english teacher life is vey busy and I am very new here
but hope if u need any help to improve ur english plz ask me as a friend.
Honey plz take extra care of yours health.

Best Regards
○○○○○


スペルがおかしい単語もいくつかあるし(Intellegant womenって、intelligent womanのこと?)、接続詞もちょっと変なのもあるし、英会話の先生って文法いまいちでもできるんだね。
(省略形・短縮形は別に構わない、問題ない。)
そういえば、TOEICスコア970点の友人が、「英会話学校に通うと点数取れなくなるから、絶対に通っちゃ駄目だ。」と言っていたのを思い出す。
英会話ができることと、TOEICで点数かせげることは、別問題だ。

それにしても、オーストラリア英語というのは、やはり何度聞いても慣れず、聞き取りにくかった…。

【追記】
後で気付いたけど、「Intellegant」というのは、「intelligent + elegant」の造語ではなかろうか。
わおー、すごー。
[PR]
by epokhe | 2005-04-18 16:55
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite