試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

Drag Queen

a0022584_2111312.jpg

男子学生のドラッグ・クイーンに会いました。
キレイだけどコワイ。
コワイけどキレイ。
輝いててステキ。
ステキレイ。

以下、備考。
ドラッグ・クイーン(Drag Queen)という言葉を聞いたことがある人は以前より増えたと思います。
決して麻薬(Drug)の女王ではありません。
マウスをドラッグ(引きずる)のDragの意味で、超ド派手なロングドレスを引きずりながら歩いている女装したゲイのイメージから付いた総称です。
ドラッグ・クイーンは80年代のニューヨークのクラブシーンから生まれたアンダーグラウンド・カルチャーですが、日本でもおしゃれなクラブの人だかりの中心に必ずと言って良いほどドラッグ・クイーンが踊っています。
ドラッグ・クイーンは、女性の衣装に対するフェティッシュな欲望を抱いて男性が女装する「トランスヴェスティズム」とも、女性の心をもちながら男性に生まれてしまった「トランスセクシャル」(ニューハーフ)とも、また違います。
彼女たちは“世の中”に長くこびり付いたステレオタイプな「女らしさ」「男らしさ」という煩わしく窮屈な属性を見事に破壊しています。
昼は男。
そして、夜は妖艶な女。
自慢の超ド派手な衣装に厚化粧。
カラフルなウイッグに大きなバスト。
コギャルも真っ青のスーパーハイヒールに身を包み、さっそうとナイトクラブへと繰り出す・・・。
周囲がどう呼ぼうと、自由に生きること、そして自分自身を常に見つめながら「美しくありたい」と努力する・・・それが21世紀の新しい男性像「ドラッグ・クイーン」です。
男性が「男らしさ」を「無精ひげと汗臭さ」というチャールズ・ブロンソン的男性像から清潔で美しい男性像が新しい男性像であると気が付いた時、その延長線上に「ドラッグ・クイーン」が見えて来ました。

ドラッグ・クイーンの文化は実は日本の方が進んでいたという歴史があります。
ゲイや女装に対するキリスト教的抑圧の強かった西洋と違い日本はもともとゲイ文化に溢れていました。
江戸時代の日本は古代ギリシャと同様、美少年は社会公認のダテでイキなものとされ、小姓は時に城主の相手をしていました。
全員男性で演じる「歌舞伎」は「女形」(おやま)というドラッグ・クイーンを輩出しています。
「女形」は江戸時代の若衆のファッションやライフスタイルとして大人気となりましたが、幕府の禁止令と近代の富国強兵政策により、それらしきものは全て「おかま」という十把一絡げのゲイ・カルチャーの中に取り込まれてしまいました。
そして日本でも、海外でも長い間封印されてきた「美しく着飾る男性像」が、1980年代のクラブカルチャーから21世紀にかけて復活したのです。
その復活の原動力となったのがアメリカで開かれるドラッグ・クイーンの祭典「ウイッグストック」です。
日本でも2001年の「東京レズビアン&ゲイパレード」の前夜祭「GLORY」として全国の有名ドラッグ・クイーンが集結してパフォーマンスを披露した「ウイッグストックジャパン」が開かれました。

[PR]
by epokhe | 2005-11-09 21:11
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite