試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

転職観/「学生・正社員以外の人間」=「フリーター」/人事

欧米では、人材紹介会社というのが、日本の不動産会社と同じくらい身近な存在である。
例えば、日本において、転居を考える際、大概が不動産屋に立ち寄ることだろう。
そして、今まで引っ越しをしたことがない、という人は、少ないと思う。
つまり、日本人は、一生のうちに、最低一度は誰でも不動産会社に足を運んでいる。
これと同様に、欧米では、一生のうちに、最低一度は誰でも紹介業社に足を運んでいるというデータがある。
したがって、転職するのが当たり前、という世の中である。
日本は、そのような転職観・職業観が根付いておらず、まだまだ欧米より大分遅れている。

その代わり、日本の人材サービス業界では、紹介業より派遣業が幅を利かせていて、それによって踊らされている人々(多くは女性)も増加している。
人材会社が、求職者・転職者を「支援」するのではなく「煽る」存在となった。
アルバイト・派遣社員・契約社員といった、いわゆる「フリーター」は、意図的に造り出された。
意図的なものに煽られ、マンマと乗せられ、不毛なミニマムな仕事を繰り返さざるを得ない人々。
マーケットの主要なターゲット層を眺めていると、特に、派遣社員や契約社員の女性が目立つが、これはかなり問題だと思う。
悪く言うと、人材会社は単に、女性を調達して斡旋しているようにしか見えない。
また、それ以上に問題なのは、派遣社員の女性達自身が、自分がフリーターだと認識していない点である。
勿論、ちゃんと分かっている人もいるが、そうでない人が多い。
このような状態が今後も繰り返されるとしたら、人材派遣業界は未来志向のマーケットであるとは到底言い難い。
一般的な人材派遣会社は、はっきり言って、やっていることがショボイと思う。
全体として見た時、全く問題の解決になっていないと感じるのは、私だけではないはずだ。
企業の人事制度まで踏み込まないと、根本的に改善することはできず、今の状況は、まるで、骨折した足に絆創膏を貼って喜んでいるようなものである。
日本は、大企業であっても、「人事のプロ」が存在しない点からして、明らかに人事がおかしい。
欧米のHRを少しは真面目に見習ったらどうだろう。
[PR]
by epokhe | 2006-03-16 00:54
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite