試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

会社と社員

現在の「損ジャ」のHP

↑このような状況です。
トップページは全面お詫び。
学生時代の友人二人(友人Kと友人N)が損ジャに勤務しているので、彼らは大変だろうなーと思う。
噂によると、社員全員ボーナスカットらしい。
しかし、考えてみれば、これだけのことをして(これだけのことが発覚して)、ボーナスカット程度で済む方がおかしい、というのが一般の認識であろう。
特に金融機関は「信用」が全てなので、信用を失ったら「以上おしまい」である。
保険料が支払われない可能性が大きい会社の商品を、今後買おうとする顧客がいるだろうか。
否。
つまり、これからの損ジャの営業は相当厳しい。
ということは、今後の売り上げの見込みは当然暗い。
とはいえ、とりわけ友人Kは本当に根性のある人間で、あれだけ根性のある人も珍しいほどの人間なので、頑丈に生きていくだろう。
彼は現在、転勤して某地方にいるが、夏には再会できる予定なので、今後の見通し等聞きたい。
それにしても、今、損ジャから内定を貰っていて既に他社を辞退してしまった学生の子達は泣きそうなんだろうな。
当然だが、名の知れた企業であればあるほど、その不祥事の波紋は大きい。

これだけビジネス環境の激しい時代においては、これまで安定と捉えられてきた有名企業で労働するということは、安定とは逆にリスキーな行動だと、皆が気付き始めている。


【追記】
ボーナスカットと書いたが、ボーナスカットは表面的なもので、実際はボーナス「アップ」したと社員から聞いた。
どゆこと、それ。
このようなことが、静かに成り立っているのですね。
[PR]
by epokhe | 2006-06-14 16:00
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite