試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

嘘が好きな私達

何かうまくいかないことの元を辿ると「嘘」に行き着くことが多い。
多いというより、うまくいかないこと或いは不都合が生じる始点は、全て「嘘」にある。
「嘘」という言葉が主観を含んでいるとしたら、「偽り」或いは「偽」と言った方が正確だろうか。
嘘や偽りこそが、諸悪の権化になっている。
偽から出発して、その偽に合わせるように物事が進むと、当然それはどこかで支障をきたす。

従って、万事快調にパフォーマンスを終えるためには、できる限り「真」から開始することだ。
「真」といっても何が何だか解らないかもしれないが、それはとても単純明快なことで、「事実」から始めるということだ。
その現時点で実際に見えているもの、明らかなものからのみ物事を進めるようにする。
希望的観測とか邪推とか予測とか予想とか、そういったナンセンスなことから始めてしまうと失敗をする。
何故なら、それは、全て自分の思い込みに基づいているからだ。
「こうしたらこうなるだろう」「ああしたらああなるだろう」という憶測の、そのまた先を考えて行動していては、結局ずれてしまう。
その時点の事実から出発して、その次の段階では、物事の状況、または相手の言動に委ねる。
そして、自分に返ってきた「物事の状況、または相手の言動」に対して、再び対処する。
本当はそれしかできない。
大抵は自分の思い通りになどいかないものなので。
[PR]
by epokhe | 2006-06-22 00:02
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite