試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

名前と人

セーシンジョシダイ卒のcuteな某女史から、
「私と同じ○○にepokheさんと雰囲気がそっくりの子がいて、雰囲気が似てるだけじゃなくて名前まで似てるからドキッとしちゃいました。」
と言われた。

名前というのは、その人の親が付けるものなので、名前を聞くとその人の親の良識が判る。
名前の陰には親のセンスが隠れている。
私には弟がいて二人キョーダイなのだが、不思議なことに、キョーダイ揃って我が家と同じ名前の知り合いがいた。
オネエチャンの方は私と同じ名前で、その子の弟は私の弟と同じ名前だった。
案の定、彼らのご両親とうちの親は気が合った。

私の母は、「名前なんて記号なんだから、呼びやすいのが一番なのよ。変な漢字の名前つけたり、誰も一発で読めないような名前つけたりしたら、名前の意味がないじゃない。」と昔言っていたのを記憶している。

名前には意味があるかもしれないし、ないかもしれない。
けれど、私と波長の合う女の子の名前の末尾は、私の名前の末尾と全員一緒である。
その人やその人の親の感覚の切れ端は、名前から得られる可能性がある。
[PR]
by epokhe | 2006-06-26 14:22
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite