試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

衝撃news

本日は衝撃的なことが二点あった。
一点目はパーソナルなことなので、ここでは書かない。
ここで書きたいのは二点目である。

私の中高時代の友人が結婚した。
結婚したこと自体は、さして珍しくないし、私達ももはや「若い」とは言えない年齢なので、勿論、結婚して子供のいる友人だっている。
衝撃的なのは、その友人の質が結婚とかけ離れていることだ。
彼女は、学校中で最も優秀な女性と言っていい人で、東大法学部卒の才女である。(入試成績もベスト3くらいじゃないだろうか)
外交官にでもなるのかなと予測していたが、某有名民間企業に入った。
いわゆる「バリキャリ」系で生きてゆく女性のロール・モデルになる人だと誰もが思っていた。
それが、結婚とは…!
彼女からは男のニオイが全くせず、彼女の恋愛の話は聞いたことが無い。
タイプ的に「オバタリアン」タイプで、料理・家事などはプロである。
彼女の例、及び一般例から導き出される結論は以下。

①恋愛経験のない人ほど結婚が早い。吟味能力がないため、吟味することなく結婚できる。
②結婚しなさそうと思われていた人から結婚していく、というジンクスは真実である。
③たくさん恋愛をしてベストの相手と結婚を、と誰もが思うが、出産にはタイムリミットが付き纏う。人間は身体を裏切ることはできない。
④結婚の全ては「タイミング」である。「縁」も「タイミング」のうちである。
⑤日本からキャリア女性が消える日は近い。
⑥ある極端は、真逆の極端を生む。
⑦歴史はregressionである。
⑧人生はflowである。
[PR]
by epokhe | 2006-07-01 02:01
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite