試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

白洲次郎 『プリンシプルのない日本』

a0022584_0205042.jpg

白洲次郎著『プリンシプルのない日本』が、やっと新潮文庫になった。
以下、帯タイ及びカバー文言。

この男の肉声を聴け。
「戦後史の隠された巨人」唯一の直言集。
日本人の本質をズバリと突く痛快な叱責の数々。


「風の男」、そして「占領を背負った男」――戦後史の重要な場面の数々に立ち会いながら、まとまった著作は遺さなかった白洲次郎が、生前、散発的に発表した文章がこの一冊に。
「他力本願の乞食根性を捨てよ」「イエス・マンを反省せよ」「八方美人が多すぎる」など、日本人の本質をズバリと突く痛快な叱責は、現代人の耳をも心地良く打つ。
その人物像をストレートに伝える、唯一の直言集。



白洲次郎は私の祖父とかぶる。
その性質も、その顔立ちも…。
白洲次郎・白洲正子夫妻は、日本史上最強の唯一無二のカップルで、永遠の憧れである。
白洲次郎・白洲正子夫妻ほど、美意識が高く、潔く、品格のあるカップルはほかに在るだろうか。
「本物」とはこのことだ。

育ちのいい野人、白洲次郎。
彼がいなかったら、日本は無かったかもしれない。
彼が永久に生きていれば、日本はもう少しマシになれたかもしれない。
[PR]
by epokhe | 2006-07-04 01:00
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite