試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

さみだれ/黒澤明『羅生門』/墨

この国には、雨を楽しむ文化がある。
雨のボキャブラリーは、日本に何と400も存在するのだ。

今日、関東地方も入梅した。
梅の実のなる頃に降る雨だから、「梅雨」。
梅雨は、6月~7月中旬にかけて、日本・揚子江沿岸地方に起こる「雨期」である。
「つゆ」とも読むし、「ばいう」とも読むし、別名「五月雨(さみだれ)」とも言う。

「白雨(はくう)」という雨もある。
白雨は、夏の夕立や、にわか雨を指す。
白く見える雨・・・。

日本の絵画や映像は、雨を描いている。
他の国では、雨は描かない。
黒澤明監督の映画『羅生門』では、水の中に墨汁を入れて灰色の水を作り、
雨を降らせている。
まさに、機械仕掛けの水墨画だ。

白黒は、日本で最高の色であった。
「青墨に五彩」である。
墨には無限の色がある。


2004年6月6日
[PR]
by epokhe | 2004-06-06 16:28
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite