試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

言語偲び

頭を「使って」仕事をするサラリーマンは、ごまんといるとしても、頭を「練って」生きているサラリーマンは、そうそういないと思う。
頭を使うだけなら楽なのだ。
頭をコネコネ、グニャグニャ練るのは、相当の力量が必要だ。

脳というのは、肌が折りたたまれたものなのだと、S・T教授は言った。
私達は、肌でもって考えているのだと。

言葉というのが、究極のメディアだと教えてくれたのもS・T教授だった。
言葉は、DNAよりも強くしぶとい。

「旅」の語源は、「賜ぶ(もらう)」である。
これは、「食べる」と同じ語源なのだそうだ。
「旅」と「食べる」が生まれた源は、類同している。
「やさしい」の語源は、なんと「痩せる」なのだ。
「やさしい」という語の第一義は、身も痩せるほど恥ずかしい、という感覚にある。
[PR]
by epokhe | 2006-08-02 01:27
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite