試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

映画『Sugar & Spice ~風味絶佳~』

“なぜ 女というものは
 自分の恋愛の進行状況を 他人に話したがるのだろう。”
a0022584_054505.jpg

『誰も知らない』の柳楽優弥君が出ている映画『Sugar & Spice ~風味絶佳~』鑑賞。
グランマ役の夏木マリが良かった。
原作者が山田詠美なので、それっぽいストーリーだった。
山田詠美と言えば、私の中高時代の国語教師であるK先生(東大卒)が、現代文の授業で言った言葉を思い出す。
それは、教科書か問題集か何かで、山田詠美の小説が出てきた時のことだった。

「教科書(or問題集)に載ってるから仕方なく読みますけど、山田詠美なんかの小説は私だったら絶対に読みたくない。山田詠美を読むくらいだったら、豆腐の角に頭をぶつけて死んだ方がましだ。」

と。
確かに私も前々から、山田詠美の作品は、ミーハーっぽくて、隠れぶりっ子っぽくて、軽薄だなと思っていたので、この時以来読んでいないし、読もうとも思わない。
でも、なぜか私の周りの女の子で彼女の小説が好きな子が結構いるのだ。
今度機会があったら、何が魅力なのか訊いてみよう。

話が原作者に飛んでしまったが、この映画も、製作はやっぱり亀山さん
フジの映画は、もう大体この人だなー。
[PR]
by epokhe | 2006-09-28 01:11
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite