試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

「妻であり母であり娘である女」が「夫と娘と母」を「くい」で刺し殺すという「一家3人惨殺事件」

民家に家族?3人の遺体、母親が不明 長野・御代田町
殺害された3人の身元判明、妻は依然行方不明 長野

(引用開始)
御代田・家族3人殺害 住民に衝撃
(長野asahi.com 2006年10月07日)

 御代田町御代田の会社員小嶋秀史さん(48)方で6日未明、頭に鉄製のくいが刺さったまま殺害されている家族3人が見つかった異常な事件。佐久署は殺人容疑で、行方が分からない秀史さんの妻(45)を捜している。くいはロープ止め用の金具で、それぞれ2~3本突き刺さり、貫通していたという。「なぜなのか」。静かな住宅地で起きた猟奇的な殺人事件に、住民は言葉を失った。
 佐久署の調べでは、御代田町の軽井沢大橋に放置された小嶋さんのRV車には「自首できなくて警察の方々すみません」などのメモのほか、2台の携帯電話や家の鍵、妻の財布などが紙袋に入って置かれていた。
 秀史さん、長女の高校3年生由美さん(18)、妻の母親の有坂タツ子さん(78)は3人とも普段着のまま殺害されていた。前頭部から後頭部にかけてなど、長さ約20~30センチ、直径約1センチのくいが刺さっていた。自宅玄関の鍵はかかっており、電気は消えていた。
 抵抗した様子はないといい、同署は何らかの理由で3人が動けなくなった後、木製ハンマーでくいを刺したとみて、司法解剖するなど詳しい死因や状況を調べている。
 現場は住宅が点在し、林も広がる静かな場所。近くに住む主婦(57)は「(妻は)おとなしい感じの人。1月にあった地域の新年会で、社交的に酌をして回っていた。『仕事を辞めてみなさんの家に遊びに行きます』と明るい表情で話していた。1~2カ月前にごみ出しの際に顔を合わせたら、かなりやせていた」と話した。
 由美さんが通う高校は悲しみに包まれた。由美さんは、まじめにこつこつと頑張るタイプで、小諸市の医療機関に就職が決まっていたという。卒業した中学校の関係者は「言葉に表せないほどショックを受けている」と顔をこわばらせた。
 秀史さんは自宅近くの機械部品メーカーに勤務。近所の男性によると、いつも歩いて通勤し、背が高く、知的な雰囲気だったという。
 RV車が放置されていた軽井沢大橋は長さ約110メートルで、水面まで約80メートルの落差がある。地元では県道の脇道として利用され、転落しないよう、欄干の上に高さ約2メートルの鉄条網が張られている。
 RV車は橋のほぼ中央の下流側の欄干に沿って止めてあり、その部分だけ鉄条網がたるんでいた。車を踏み台にした可能性があり、同署員は「川は雨で水かさが何倍も増していて、飛び降りたとしたら流されただろう」と話した。
 付近を捜索したが、雨で午後中止になった。7日以降も続ける。
(引用終了)
[PR]
by epokhe | 2006-10-07 18:14
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite