試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

好きな顔 ~顔学~

今更だが、私には確実に「好きな顔」というものがある。
先日、知人男性が「女性って、あんまり男の人の外見にこだわりませんよね。男ほどは。」というようなことを言っていて、まあ確かに統計上も、男性が相手の女性に求めるものの第一位は「容姿」であるのに対して、女性が相手の男性に求めるものの第一位が「経済力」だったりしてしまうのだから、彼がそう発言するのも無理はない。
しかし、「見る」「見られる」というのは権力構造の一種なので、女性だけが「見られる対象」である状況というのは、ある意味一つのショボイ暴力だったりする。
そこで、「見られたら、見かえせ!」というポリシーのもと、私は、男性が自分を見る分だけ、或いはそれ以上に男性を見かえすようにしている。
そういう意味で見られることに馴れていない男性は、恐らく一瞬びびるであろう。
電車でも、道端でも、私をジッと見てくる人がいたら、そして、見られていると気付いたら即、見かえしてみるのである。(暇な時のみ)
私の顔を見ていたら、相手の眼を見かえし、私の胸を見ていたら、相手の胸元を見かえし、私のスカート及び脚付近を見ていたら、相手の股間を見かえし、私のお尻を見ていたら、相手のケツの穴を見かえす。
試してみると、案外面白い。
勘違いされると声を掛けられて逆にメンドクサイことになるので、見る時は「目つき」に注意せねばならない。
あ、今回はこんなことを書きたいわけではなかった。
「好きな顔」について書くつもりだったのだ。
いい顔とか悪い顔とかそういう次元の話ではなく、本能的にどうしても「見ていたい顔」というのが存在して、この手の顔に遭遇した時は、見つめずにはいられない。
その顔は、あらゆる所に散在しており、タリーズの男性店員でもあり得るし、美容院のアシスタント君でもあり得るし、職場の先輩でもあり得るし、薬局の薬剤師でもあり得る。
本能的に、生理的に、「好きな顔」というのがある。
さらに、この「好きな顔」は、経験と共に変化していき、それまでは自分の「好きな顔」リストに入っていなかった顔でも、顔ではなく別の部分で好きになった人の顔に似ていたりすると、その後「好きな顔」リストに更新される。
そして、非常に非常に非常に不思議なことなのだが、「好きだなー」と思う顔の人とは、なぜか相性が良い。
生命のフェロモン探知機とでもいうのか、やはり、顔は無駄に一番目立つところについているわけではなく、それなりの存在理由がある。
色々と探知し、また探知されようと、必死に機能している器官なのだ。
「中身重視」というのは、申し訳ないが生物的にはただの偽善であって、顔学さえ極めてしまえば、それだけで中身まで見抜けてしまうものなのである。
[PR]
by epokhe | 2007-03-25 15:26
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite