試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

「日本美術が笑う」展/笑い展/MAMプロジェクト005: ジョン・ウッド&ポール・ハリソン

「日本美術が笑う」展「笑い展:現代アートにみる“おかしみ”の事情」展を観てきた。
最初、鑑賞しているこちら側が「笑ってしまう」展覧会かと思っていたら、展示されている作品達が「笑っている」展覧会だった。(主体が違った…。)
同時に開催されていた「MAMプロジェクト005: ジョン・ウッド&ポール・ハリソン」の作品は特にシュールだった。
シュールな作品を、人々が取り囲んで真剣に見ている状況もまたシュールだった。


唯一分かりやすい「笑い」は、ビン・ラディンのビデオかな。
a0022584_22125188.jpg

↑会田誠《日本に潜伏中のビン・ラディンと名乗る男からのビデオ》2005年
 ヴィデオ(DVD変換)8分14秒
 Courtesy: Mizuma Art Gallery Photo: Okada Hiroko
[PR]
by epokhe | 2007-05-05 22:16
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite