試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

『ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡』@森美術館

『ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡』@森美術館
a0022584_20321817.jpg

コルビュジエは、とても多才な人だ。
彼が愛用していたアトリエの原寸大に入ることができたが、内部は落ち着くカーブが多用されていた。
本展覧会の最後の作品は、コルビュジエ自身の墓標の写真であったが、青と橙色で色づけられたこの墓標は、まさに「海」と「夕焼け空」であった。
フランス語では、「海」と「母」は全く同じ発音の単語である。
そういえば、「フランス人にとって、海は母であり、母は海である」という現実を、寺山修司も随所で語っていた。
ふと考えると、日本語の「海」という漢字にも「母」が含まれている。
フランス哲学思想が日本人に馴染み易いのは、このような言語論理的共通項から発生しているのかもしれない。
[PR]
by epokhe | 2007-07-28 20:55
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite