試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

森美術館

a0022584_18444650.jpg
森美術館に行き、
《MoMA(The Museum of Modern Art)ニューヨーク近代美術館展
 モダンってなに?――アートの継続性と変化、1880年から現在まで》
を観てきた。

内容はさて置き、まず言いたいことがある。

空調管理が悪すぎる。
寒すぎて、ゆっくり鑑賞するどころではなかった。
「さっさと見て帰れ。」という無言の圧力を感じた。
館内は比較的混んでいたのだが、皆ブルブル震えていて、そそくさと見ざるを得ない状況だった。
監視しているスタッフの方々は、何枚も着込んでマフラーまでしていたのだから・・・。
一般的に、今の季節は夏とされてますので、
一般人の来館者はマフラーなんか持ってきてません。
もう少し、人にやさしい空調を願いたい。
こんなんじゃ、美術品も凍ってしまう。
人にも作品にも失礼な環境であった。

森美術館は森タワーの53階にあるのだが、そこに辿り着くまで(そこからの帰り道も含め)は、
ディズニーランドのスペースマウンテンだった。
荷物検査、過剰な人数の案内係、お決まりのツアー的流れ・・・。
確かに、所々に案内係がいなければ、迷ってしまってこの世に戻ってこられないような
怖い空間を有したビルなので、無理もないが・・・。
また、オリジナルグッズも、至る所にシツコイほど売られている。

景色・展望は良かった。
なんてったって、53階ゆえに高いから。
最近は雲の位置が低いので、ちょうど目線に雲が流れていて良い気分だった。

さて、MoMAの内容について書くのは次回にしようと判断。
[PR]
by epokhe | 2004-07-31 18:51
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite