試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

働き盛りの落とし穴

a0022584_2349469.jpg
河合さんの一視角を以下に・・・。

*****************************

最近の統計を見ると、青年期の自殺がぐっと減少し、
40代の男性の自殺が多くなっているのに気付く。
これは、かつては青年期において自分のイデオロギーを確立する時に悩みが生じ、その時に自殺する人が多かったのだが、
現代ではそうでなくなったことを示している。
現代はむしろ、一つのイデオロギーに頼って世界を観るようなことではなく、
もっと多様で複雑な世界観をつくりあげることが必要であり、
その課題は40歳代のことになってきているのである。
思春期、青年期をある程度の「守り」の中で通過し、
真の世界観をつくるための仕事は40歳以後に取っておかれるのである。

ところが、何らかの事情で「守り」の薄かった人や、極めて感受性の鋭敏な人にとっては、
本来ならば人生の後半になすべき課題が思春期や青年期にのしかかってくる。

*****************************

河合さんのおっしゃるとおりである。
「守り」の中で通過しているうちは、人生の後半になすべき課題を考えずに済む。
人生の前半は、自分がこの世にしっかり生きていく、
この社会の中に完全に受け入れられる、或いは社会の中に貢献するということをやっていく。
しかし、その自分は死ぬわけであるから、今まで夢中で生きてきたが、
自分は一体何のために生きているのだろう、これからどうなるのだろう、
一体どこへいくのか、といった問いかけに対して答える仕事が、我々の人生の後半にある。

若い時は、何とかこの仕事をしよう、こういう考え方で社会の役に立とう、
というふうに頑張っていくが、そういう私はそもそも何なのか。
そういう人間が生きているということはどういうことなのか。
自分というものをコミで、この世界、或いは自分の人生の全体をみよう、
ということが人生の後半の課題になる。

「人生50年」といっていた頃は、生まれて、頑張って、そしてお迎えが来て死ぬ。
ところが、この頃はそう簡単にお迎えも来ないため、もう一つ頑張らなくてはならず、
一つの山を越して次の山が始まる。
次の山の仕事が、人生後半の仕事である。
私は、常に人生後半の仕事をしているため、もはや「守り」の中で生きてはいない。
だが、現在、人生の前半の課題に取り組んでいらっしゃる方々は、
二つの山の中間点である転換期で、スッと落ち込む落とし穴があるので、
そこで乗り切ってほしいと思う。
そこで気付いた人生前半の失敗や災難を創造の病として受け止めれば、
次の新しい発展に向かうための踏み台としての意味を持つ。

あー、ここまで書いてみて、私は悉く老人だということを自覚する。
「守り」が濃く、且つ鈍感な人は、さぞかし楽なんだろうな。
[PR]
by epokhe | 2004-09-03 00:34
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite