試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

山田太一『男・女・家族』

(引用開始)

 社会が個人に求めるのは、多くその個人の断片的能力であり、営業のうまい人はその営業能力を、技術を持つ人はその技術を求められる。しかし、それ以外のその人が持つさまざまな(豊かかもしれない)個性については関心を持たれない。
 必要とされた能力が衰えれば、大抵の場合その人物は社会的には無か邪魔者になってしまう。
 そのような扱いに耐えられるのは、社会の要求にこたえることに多忙な一時期か、社会的な挫折を知らない少数者、よほど孤独に強い人、厭人家などで、多くの人は、社会が必要とする能力があるとかないとかと関係なしに自分に関心を持ってくれる人間を必要としてしまうのではないだろうか?
 そのような相手が必ずしも家族である必要はないが、友人とか恋人というような関係はその結びつきの強度を互いの気持に頼るしかなく、気持は大抵の場合不安定なので、多くの人は血縁とか結婚という制度で保証された関係を必要とするのだろう。
 もしこのように現在の家族が、生物として互いに生存して行くための結びつきであるより、他では求められない心の充足のためにあるとすれば、あまりその目的を果たしていないという意見もあるだろう。それにしては、家族同士が心を開いていないではないか、と。むしろ家族は、本音を隠し、あたりさわりのないことをいい合い、お互いに深い関心を持っていないことの方が多いのではないか、と。
 たしかにその通りだが、家族外の社会はそれにも増して水くさい社会であり、その結びつきは更に頼りなく、多くの人々は家族や夫婦の結びつきの薄さを歎きながらも、その関係を捨てることが出来ず、血縁であること、籍を入れていることなどに、なにがしかの心の安定を求めているのではないだろうか?
 ―(中略)―
 にもかかわらず、私たちが家族を捨てきれないのは、社会的な価値基準で「役立たず」と判断されてしまった時、もし家族的なるつながりがなかったら無になるしかない社会に私たちが生きているからであり、家族だってそういう人間を「無」として扱わないという保証はないのだが、他の結びつきに比べれば、まだしも一人の人間を匂いも臭みも汚れも癖も持つ存在として対してくれるのではないか、という期待を捨てきれないからではないだろうか?誰も家族に多くを期待してはいない、しかし家族的なるものを捨て去って動じないほど幸せではない。

(引用終了)


いやぁ、全く以ってその通りですなぁ。
見直しました、山田太一さん!
いいこと言うわ、ほんとに。
現状にフィットする説明。
我々が一人でいられるくらい幸せになれるのはいつだろう。
[PR]
by epokhe | 2005-10-30 21:03

田口ランディ氏の講演を聴いて

作家・田口ランディさんの講演を聴いてきた。
ランディさんは、想像していたより小柄で、髪が短くなっていた。
とても若々しくて可愛い人。
そして、ひとたび話し始めると全体が時を忘れたように惹きつけられる。
彼女からは、過去においても本当にエネルギーを与えられてきた。
実物はもうそれ以上。
とにかく言葉が素直なのだ。
クリアな言葉は人の胸に響く。
そういう言葉を発せられる人間はなかなかいない。
感じていても言葉にできなかったり、言葉にしなかったりする。
いや、言葉にならないということは、その感覚すら感じられなくなっていることと等しい。
実体のない言葉は「クサイ」。
ランディさんの言葉には「クサさ」が全くない。
ランディさん自身がエッセイで書かれていたが、彼女は本当に感受性が強い人だし、私は彼女の「考えるポイント」というのが大好きだ。
考え方というより、考えのパースペクティブというか、目の付け所・起点が好き。
当たり前のことを当たり前で済まさない知性と感性と意志がある。

講演内容について、私がここで要約する必要性はないので、敢えて書かない。
以上、あくまで感想を残した。

最後に。。。
ある人の書かれた「ことば」に触れて、「この人に会ってみたい!」という感情が起こる。
「この人の話を聴きたい」「この人と話してみたい」あるいは「もっと知りたい」というエモーショナルな衝動がもよおされる。
これは一体どういうことなのだろう。
例えば、私にとってランディさんはその一人で、別に実際会う前から、既に彼女のことが、どういうわけか好きみたいなのである。
「この人のことをもっと知りたい」と思うのは、前提として、その人のことが好きだという感情があり、そもそも、好きでもない人のことなんか、そこまで興味が及ばない。
「知りたい」という欲望は「好き」より上で、相手に対して「知りたい」という欲望がなくなってしまったら、「好き」という感情は討死するほかないのだろう。
話しても話しても話し足りなかったり、話しても話してももどかしいほど話したかったりするのは、紛れもなく好きの証拠だろう。
私がある人そのものを貰ったり、ある人に私自身をあげたりはできないけれど、ある人の言葉を受け取ったり、私の言葉を差し出したりすることはできる。
それは、私の全てでも、ある人の全てでもない。
全てではないからこそ、いいのだと思う。


そういえば、過去にこんな記事を書いていた。
⇒⇒⇒空語
⇒⇒⇒私というメディア
この記事書いた時から一年以上経つというのに、私の文章、成長してないなー。。。
[PR]
by epokhe | 2005-10-30 00:29

伽耶ちゃん

マンションのエレベーター内で、20代後半の女性から
「すいません、人違いかもしれないんですけど、伽耶ちゃんですか?」
と言われた。
違いますよぅ。
伽耶ちゃんというのは、あの某テレビ番組に出ていた、あの伽耶ちゃんだ。
違いますよぅ。
似てないと思いますけど(きっぱり)。
第一、あの子は20歳でしょうに。。。
私と知り合いでもないのに、いい歳した女性が話しかけてくるということは、そんなに似てたんだろうか。
本人だと確信できない限り、似てても話しかけては来ないよなー。
ああ、これでまた「似ていると言われる人」が増えた。
更新。
[PR]
by epokhe | 2005-10-28 23:29

21世紀家族へ ~家族の戦後体制の見かた・越えかた~

思秋期などについて、まずはこちらを⇒⇒⇒賭ける
a0022584_1259266.jpg

落合恵美子『21世紀家族へ』より引用

(引用開始)
 ―中略―「主婦化」という条件は今後もあり続けるかどうか。「ニューファミリー」と言いながら、団塊の世代は、ほとんどが専業主婦になってしまった。だから、後で悩んだんですね。ああいうことが今の若い女性にも起きるでしょうか。
 その答えは、景気の動向にもよるものであえて断言はしませんが、少なくともこれだけは言えます。これからの時代、思秋期におちいる女性がいたなら、彼女は愚かだということです。きついですか。でも、しかたないでしょう。ニューファミリー世代の女性たちは、日本でほとんど初めて、集団的に「得体のしれない悩み」にとりつかれた世代だった。先人は少なかった。だから悩みの正体を見つけ出そうと、自分で七転八倒するしかなかった。しかしその後の世代にとっては、ニューファミリー世代という大量の先人がいるのです。彼女たちの貴重な体験から、悩みの原因も処方箋もわかっているというのに、また同じ苦しみを繰り返すとしたら、それはあまりにも愚かなことです。
 ―中略―
 しかしそれにしても、あえてはっきり言いますが、これからの世の中は、専業主婦にはあまり住みやすくない方向にだんだん流れていくでしょう。
 ―中略―
 「社会が要求するから仕事につけ」。あるいは、「まんまとのせられるだけだからキャリアウーマンになどなるな」。さまざまな立場からの外野の声がうるさいかぎりですが、いずれにせよ確かなのは、選択の責任を取らされるのは結局将来の自分自身なのだということです。これからの女性には、社会の長期的変化を冷静に見通しながら、かしこく柔軟に人生を選択するという、一国の首相並みの覚悟が必要のようです。

(引用終了)

いずれにせよ確かなのは、選択の責任を取らされるのは結局将来の自分自身なのだということです。
これからの女性には、社会の長期的変化を冷静に見通しながら、かしこく柔軟に人生を選択するという、一国の首相並みの覚悟が必要のようです。

これが分かっていない・分かろうとしない・分かりたくない女性が多過ぎる。
特に、「社会の長期的変化を冷静に見通しながら」ということが出来ないオンナノヒトが未だに極めて多い。
ナンデ?
親世代と同様のライフコースは歩めない、というのはどの世代をとっても歴史的に明らかなんですが。
[PR]
by epokhe | 2005-10-27 13:00

DOUGHNUT PLANT ~NEW YORK CITY~

DOUGHNUT PLANTに、たまに寄ります。
ドーナツも美味しいけど、ドリンクもそれ以上に美味。
写真のドリンクは「ペアエイド」。
洋梨の果肉が嬉しい飲み物。
癒される。

a0022584_2221862.jpg



a0022584_22212020.jpg



a0022584_22213276.jpg



a0022584_22214239.jpg

[PR]
by epokhe | 2005-10-24 22:21

Kamogawa SEA WORLD

鴨川シーワールドにて。
想像以上に満喫できて満足。
広くて見所多し。
その見せ方が工夫されていて、ディスプレイが効果的。
管理が行き届いており、水も綺麗。

a0022584_20283829.jpg



a0022584_20285056.jpg



a0022584_2029248.jpg



a0022584_20291926.jpg



a0022584_20293498.jpg

[PR]
by epokhe | 2005-10-23 20:30

@鴨川

週末、鴨川まで行ってきた。
千葉県は、一応東京に隣接する県だけど、遠かった!
湾になっていて、海が意外と綺麗。
緑色ではなく青色の海だった。
そして、所々に低い丘のような山がある。
鳶(とんび)が螺旋を描きながら徐々に上空に上っていく様は、のどかだった。

a0022584_20183351.jpg



a0022584_20184810.jpg



a0022584_20195317.jpg



a0022584_20201638.jpg

[PR]
by epokhe | 2005-10-23 20:22

建築は何を目指しているか ~建築・空間・デザインの意義~

建築学科に入ってくる学生で勘違いをしている人が結構いる。
「カッコイイ建物をつくりたい」とか「芸術的な建物をつくりたい」と思って入ってくる人がいるが、実際、このことはあまり重要でない。

建築は基本的に中に入って中から見てほしい。
建築というのは中に入れて中から見ることができる。
スケール感とか。
構築物にならなかった、何もつくらなかった部分(=空間)が重要。
中から見た空間を感じてほしい。
建築とは、構造物をつくり「空間」をつくっている。
その空間を「体感・体験」する。
建築とは、行動できる(動ける-動けない、見える-見えないetc.)境界面(床、壁、天井etc.)をつくっている。
その空間(物理的構築環境)は人間に何らかの情報・影響・可能性を与える。
空間をつくることによって初めて、新しい人間行動の可能性を提供できる。
空間デザインを変えれば新しい人間と環境の関わりが生まれる。⇒建築設計・空間デザインの意義
空間デザインの重要性は、「装飾」「様式」ではない。⇒利用者としての人間の視点(モダニズム)
人間が環境をどのように認知・行動するか、環境と人間の相互影響を実証的に明らかにする必要がある。

【例1】
1986年にできた上海銀行のオフィスビルはスゴイ。
吹き抜けが多用されていて、日本のオフィスビルにはまずない感じ。
日本の場合は防火上の規定で、オフィスビルは非常に閉鎖的である。
オフィスフロアごとはオープンでも、オフィスビル全体としては、ますます閉鎖的になっている。
例えば、ヒルズの森タワーとかねぇ。。。
いつもオフィスに入るだけで「面倒くさい!」って感じている。
セキュリティー上の問題もあると思うが、あれでは逆に危険。
人工的なセキュリティーには限界がある。

【例2】
小学校建築が、ここ20年くらい変わりつつある。
教室に連動する多目的スペースとして、オープンスペースを設けるところが増えている。
というか、オープンスペースを付けないと補助金がおりない。
あとは、間仕切りのない教室とか。

【最後に】
建物は決して単独では建たない。
1つの町並み、その町並みの中にある建物の中に建つ。
関係性の中でつくられていくべきもの。
人がいることが前提のデザインが必要で、デザインの対象はモノだけでなくコトも。
デザイナーなしの優れた豊かなデザイン(楽器、集落、街並み、下町の路地etc.)の再評価も必要。

【追記】
建築が空間をつくることであるのなら、何もつくらない空間をつくるのもまた建築の範疇なのではないか。
建築は「建設」だけではないと思う。
私の目から見たら、日本は既に過密だし建物も過剰供給だと感じる。
何もつくらない、或いは何かを破壊することで生み出す空間の可能性はないのだろうか。
デザインの前提となる「人」も今後減るんだし、、、できないのかな脱構築(笑)
でも、「建設」と癒着しないと利益が出ないから仕方ないんだろうか。
[PR]
by epokhe | 2005-10-19 18:15

Monster / BONNIE PINK

怪物の歌を見つけました。

Monster』   By:BONNIE PINK

My life has been always too busy
It's like a shuffle beat
Easier to repeat
Can my wrist watch be any louder?
Do you think it chimes with you over time?
Maybe I'm sad
Maybe it's good for you
You can decide whether you leave or not

I created a monster
I'm the one to blame
I'm the one who's failed
And it screams and cries
for help like a fool
I created a monster
Lucky me / And it's in me

I know there is nobody-else but you
to squeeze a lime on me half alive
I want somebody to complete me
Before I lose control
Before it eats me whole
Maybe it's late
Maybe you'll help me through
Boy, did I change?
Could I be sweet again?

I let it grow, let it take me over
Don't even know when I was my own
I'm just afraid that my heart would stop beating
As I look back on a breathless day
a0022584_2015551.jpg

⇒⇒⇒怪物についてはコチラ
[PR]
by epokhe | 2005-10-17 20:01

P&Gから花王への乗り換え ~逆走かしら~

a0022584_1402795.jpg

【ケース①】
今まで、生理用品は「ウィスパー」を使っていた。
ウィスパーなんちゃらスリムとかいうの。
しかし、この前「ロリエ」が安売りしていたので、昼用と夜用を買ってみた。
「そういや高校生まではロリエ愛用者だったよなー。」とか思いつつ、何気なく購入。
そしたら、いいわ!
ロリエ最高。
すんごい薄いし。
というわけで、ウィスパーは見捨てます。

さようなら、ウィスパー。
さようなら、P&G。
さようなら、プロクター・アンド・ギャンブル。

こんにちは、花王。
お久しぶりです。
元鞘(モトサヤ)に戻ってきました。


【ケース②】
今まで、洗濯洗剤は「ボールド」を使っていた。
だって、柔軟剤入りだし、香りがいいんだもの。
しかし、新しくなった「ふんわりニュービーズ」に惹かれて買ってみた。
「そういやボールド発売する前は、ビーズがお気に入りだったっけなー。」とか思いつつ、新バージョンに期待して購入。
おー、天然柔軟成分配合だし、なんてったって、香りはピンクローズですよ!
わー、こっちかもな。
今度からこっちにしちゃうかも。
というわけで、ボールドとはこれで最後です。

さようなら、ボールド。
さようなら、P&G。
さようなら、プロクター・アンド・ギャンブル。

こんにちは、花王。
お久しぶりです。
元鞘(モトサヤ)に戻ってきました。
[PR]
by epokhe | 2005-10-15 01:39
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite