試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

身辺景況/日米政治舟

◆ここのところ、ずっと、何もかも全てが思い通りに行き過ぎていて恐い。全部が順調にうまく行き過ぎていて不安になる。この流れが止まってしまう日が怖い。いつか、とてつもない壁にぶつかって撃沈してしまったらどうしようと恐ろしくなる。「念ずれば花開く」と言うけれど、念じたことが全て花開いてしまい、一体これはいつまで続くのか心配になる。永遠に順風満帆ということは有り得ない。一つ一つの望みが少しずつ叶っていくと、その一つ一つの望みがそっと消えてしまうことを恐れる。何かを手に入れていく結果には、実は強烈な不安感が伴う。それでも、また、一つ一つ望み続けてしまう。そこがまた怖い。自分が怖い。

◆日本の政治は、まるで「戦艦ヤマト」だ。何か政策を決めたり実行したりする時、もう本当にゆっくりとじーっと潜って動いていく。軌道修正も、フラフラしながらのんびりと。ゆーーーっくり、じーーーっと進む。右とも左とも言えずに、動いてるんだか動いてないんだか分からないほどドン臭く。そんなことやってるうちに沈没してしまうかもしれませんが(笑)。それに比べアメリカの政治は「駆逐艦」だ。快速スピードで一気に突き進む。方向も、あっちに進んだと思ったら今度はいきなりこっちに、というふうに転換がすばやい。右にも左にもよく動く。極端に動く。そして撃破が得意。いやあ、日本とアメリカは全然違う。
[PR]
by epokhe | 2006-01-14 00:57

オーラの言葉

美味しくて 体に悪いものを食べて 病気になるか
不味くても 体に良いものを食べて 健康でいるか
食べ物も人間関係も同じ


By 美輪明宏のオーラの言葉

『オーラの泉』にオダギーが珍しく出演していたので視たら、美輪さんが上記の言葉を言っていた。
悪い女や悪い男には性的魅力があるが、本当にいい人で優しい清純な人には性的な魅力がない、と。
ああ、そうなのか。
「そそられる」のは悪い男(女)だからなのか。
悪い男(女)だから、性的に惹かれるのか。
だからと言ってそんなのばかり食べていると病み、身を滅ぼす。
そそられないけど「いい人」と付き合っていれば、健康。

とすると、私の選択は不健康だったかもしれない。
私が男を斬る時、「いい人なんだけど、この男には性欲が湧かない」という理由の場合がある。
「いい人」=「どうでもいい人」。
この行き着く先は病気?!
確かに、周りのしたたかなオネエサマ方を見ていても、恋愛対象の男性達と恋愛しまくっておいて、結局は、それまで見向きもしなかった「そそられないけどいい人」と結婚して「幸せ」と仰っている。
でも、それはちょっと可哀相。
「美味しくて 体に悪いものを食べて 病気になる」のではなく、「美味しくて おまけに体にも良いものを食べて 健康になる」のがいい。
エキセントリック同士だって、お互い幸せなら、まあそれでいい。
[PR]
by epokhe | 2006-01-12 00:57

ゆっくりと楽しく色々な種類のものを食す幸せ

a0022584_20501355.jpg

お気に入りのお店、梅芯庵でランチ。
ブランチだったので、豪華に「梅芯庵御膳(2,205円)」を頂いた。
↓今週の梅芯庵御膳の内容。(お正月らしいメニューで、めでたかった。)  
■わっぱ
 白雪豆腐、お稲荷甘味噌、小袖くらげ、
 カレイ塩焼、玉子焼、紅梅、結び昆布、
 白菜もろ味噌、生姜甘酢漬
 筑前煮(里芋、牛蒡、人参、蒟蒻、鶏肉、絹さや)
■小鉢
■焼梅湯
■じゃこ飯
■味噌汁
■香の物
■スイーツ
[PR]
by epokhe | 2006-01-09 20:50

中性・中正

私は中性的らしい。
ある親友から、
「epokheは中性的な人だよね。すっごくフェアな人だと思う。相手が男だろうが女だろうが、フェアに対応できる人だよ。そんな人は滅多にいない。頭では分かっていても、実際に本当にそういう言動をとれる人は珍しい。周りにいる人間としては、そういうepokheみたいな人はすごくありがたい存在だと思う。どんなことに対しても、フェアな意見をもらえる。貴重。」
と言われた。
実際私自身、男女拘らず大切な人は大切だし、男だろうが女だろうが好きな人は好きだ、と思っている。
しかし、私は本当に中性的だろうか。
現に、私は男と恋愛をしている。
この時点で既に私は女なのであろう。
恋愛関係は中性的な関係ではない。
私は、自分が「自由」だということ・自分達が「自由」だということを知っているが、あるべき姿に向かわなければいけないという、見えない強迫観念に駆られて生きさせられる。
世間は、中性的なもの・中庸的なものを消そうと働くのだ。
ということは、中性的な人は生きにくい。
中性的であることは、不幸せなことかもしれない。
中性的・中庸的であることは、理念として望ましいが、本当に心底強い人しか、中性的でいられない。
みんな、不幸せを嫌う。
そういう意味では、私は中性的になりきれない。


Cf.恋愛に関してはこちらの記事の後半も参照。
[PR]
by epokhe | 2006-01-09 20:45

ケータイのこと/人脈のこと

◆今年の11月、ケータイの番号を変えずに、今までの番号で他社ケータイに乗り換えができるようになる。これによって損をするのは、明らかにドコモであろう。初期契約者で、「番号変えたくないから、仕方なくドコモ」という人が多いはず。ちなみに私はvodafoneユーザー(J-PHONEの時からずっと)。いまや、時代はvodafoneです。ドコモにつままれていた方々、今秋にはvodafoneに乗り換えてしまいましょう。とは言え、ケータイ業界も自由化の風が吹いており、ソフトバンクも参入する。そしたら、私はソフトバンクにします(笑)。孫さん、早くぅっ!

◆通信速度(ダウンロードできる速度)が2010年には光通信並みになる(1分間に映画1本可!)など、ケータイの機能が進化しまくっているけど、その方向というのがどうもちょっと違うんじゃない?ダウンロードとかは割とどうでもいいので、キーボードがあるケータイとか、PCのミニチュア版みたいな方向に進化してほしい。外人がそういうの持っていたんだけど、あれは日本のメーカーのものではないのかな。でもでも、ソフトバンクはそういうのを出すらしいのです。そういう意味でもソフトバンクに一票で。

◆石原都知事と楽天の三木谷さんのお二方は、気が合う感じで喋っていて、今後も何やら色々共同してやっていくそうだ。で、なんでこの二人は仲良しなんだろうと思ったら、二人とも一橋大学卒なのだ。出身大学が同じというだけで無条件に親近感がわく、というのは私も理解できるのだが、一橋って独特のクセがあるよね。田中康夫県知事とか竹中平蔵総務大臣とか…。「OB」「OG」という言葉があるように、大学を基盤とした社会のつながりは意外と大きい。大学は、学歴のためだけに存在するのではなく、その後の人生における人脈にも大きな影響を与える。出会う人間、付き合う人間に差が出てくる。社会で力を握る人々に味方が多い大学出身者は、その分だけ敵も多い。まあ、結局自分次第。
[PR]
by epokhe | 2006-01-07 22:43

大臣/議員/資本/人類の行く末

a0022584_020034.jpg

◆日本の良くないところは、大臣がスペシャリストではないことだ。ただのドシロウトが、あたかもそれらしく「○○大臣」と名乗って政策に携わっているのは釈然としない。大臣を全てスペシャリストにしよう!そうすれば、ちょっとは実効的な政策を打ち出せるだろう。アメリカを見てみよ。政府・官公庁の人間は殆どドクター(博士号取得者)ですよ。大臣をドクターで固めよう。そうすればドクターの将来も多少は保障される。オーバードクターも救える。

◆元D証券契約社員のS村T蔵議員は、契約社員の中の契約社員だったと言って良い。なぜなら、彼がD証券でやっていた仕事と言えば、「コピーとり」ならまだしも、コピーとりがコピーしたものを「運ぶ係」だったそうだ。別にそれでもいいけど。面白いから。

◆資本を「無駄に(非効率的に)」使うと必ずそのツケが将来世代に回る。何が無駄でないかは、資本の出し手と取り手が最適な意思決定となるように、資本が配分・利用されることから判断されるものである。なお資本の最適配分、有効利用の視点から見ると、年金資金も含めて政府等公共部門が大きな資金を持つことは社会的なリスクとなることを認識する必要がある。そういえば、私の弟が「国が年金を国民の義務として仕切るのはおかしい。」みたいなことをほざいていたが、「資本の最適配分、有効利用」を理解した上でのたまっていたんだろうか。そうだとしたら、ちょっと見直しちゃうけど。先進国では大体国が年金管理しているが、もし、「資本の出し手と取り手が最適な意思決定となるように、資本が配分・利用」されないのなら、その制度は大きなリスクである。

◆人口減少で大変だ!と叫ばれているけれど、人口が急減して本当にどうにも諸制度が立ち行かなくなったなら、まずはどっかから人を連れてくると思う。移民受け入れにしてもそうだし、余っているところから運んでくると思う。その次の段階は、試験管ベイビーだ。そんなに人間が必要なら、試験管ベイビーで大量に発生させればいい。今の時点では人権問題とか言われるかもしれないが、恐らく、日本人口が半減した(6000万人になった)2100年頃には、人間は今よりもっと脳がサイバー化していて、試験管ベイビーに対して容易に「GOサイン」を出すだろう。試験管から生まれた子供達が労働力となるまでの20年間は大変かもしれないが、そこを乗り切ればシステムとしてはちゃんと回る。男と女がいれば子供なんて簡単にできるし、もっと言えば、卵子と精子さえあれば人間はできる。結局、「少子化」だって、人間の脳がサイバー化してしまった結果の話に過ぎないし、そうやってサイバー化する道を選択したんなら、とことんサイバー化してしまえばいいのだ。そうすれば、もしかしたら、人類は滅亡しないかもしれない。このまま政府が、「子育てしやすい社会に」とか「女性の産みやすい環境に」とかのバカな政策ばっかとってると、日本人は滅亡しますが。私は、「産みたくても産めない」社会じゃなくて、ただ単に「産まない」選択をしている社会だと思うんだけど、なーんか、「希望子供数は昔も今も2~3人で、子供を希望してるのに産めない」というデータが幅を利かせていて駄目。はっきり言って、理由はどうであれ、子孫を残すことができない人間は、生物の「種(しゅ)=species」としては末期症状である。しかし、サイバー化した脳でなら、それも乗り越えられるかもしれない。
[PR]
by epokhe | 2006-01-07 01:15

タテタカコ女史とアングラアヴァンギャルド

a0022584_1432072.jpg

私は以前、こんな記事を書いた。
そう、タテタカコさんの話である。
彼女の歌というのは、ただの歌とは次元が違って、「精緻に描き出された文学的小品」の集まりである。
タテタカコ女史の才能の秘密というのは、一体どこから涌き出てどこに隠されているのだろうとずっと思っていた。
彼女は私と同世代で、長野県飯田市に住んでいる。
これを知った時、私は極めて意外だった。
歌声や詞からは、もっと年配の女性を想像していたし、東京在住者だと思っていた。
その東京というのも、西武新宿線か西武池袋線沿線のあの独特の風景を帯びた街を想像していた。
それが長野の飯田だったとは…。
しかし、よくよく考えてみると、心から納得するのだ。
長野という地に関して、人はどういうイメージを抱いているのか知らないが、長野は非常にアングラな地である。
それこそ意外と思われるだろうか?
長野には実は強力なアングラカルチャーが存在していて、ファッション・音楽・アートなど、生活の節々にアングラなものが織り交ぜられている。
その影響か、若者も皆個性的で、生きたいように生きている。
リンク先のHP内に、以下のような文言があった。
“長野~京都~沖縄。
豊かな音楽の発祥地、京都、沖縄、そしてアヴァンギャルドな音楽シーンの潜在する長野。
密かに地下水脈で繋がっていると思われるこの3つのエリアから、寓話的な詩、文芸的な歌曲、世代固有の言葉、新しい手法としての言葉、様々な強い言葉で伝えようとしているアーティスト達の興味深い表現を集めました。”

そうか。
長野・京都・沖縄は、今となっては「アヴァンギャルド」エリアなのだ。
アヴァンギャルド=前衛。
私にとってレアな友人である京都のご良家令嬢Mは、フランス文学専修で、フランスのアヴァンギャルドを研究していた。
彼女のイメージというかファッションは、「VOGUE」「SPUR」系とでも言えばお分かりになるだろうか。
京都=アヴァンギャルド。
沖縄の豊かな音楽は万人ご承知の通りである。
あれが前衛でなく何であろうか。
沖縄=アヴァンギャルド。
後衛的であるよりは、前衛的・革新的でありたいと願う若者が育つ町、長野。
アングラなものは、周縁から中心へと伝播するのだ。
長野=アヴァンギャルド。
「アヴァンギャルド」エリアの人間は、何が滅びたのかをちゃんと感じ取る能力がある。
滅びたものを、滅びたと認知できず、なおも偏愛し続ける街が、東京。
そして、私は、その東京に住んでいる。
[PR]
by epokhe | 2006-01-05 15:13

御馳走

年末年始に食べたご馳走。

12/30 焼肉&中華
12/31 ちゃんこ鍋
01/01 しゃぶしゃぶ
01/02 寿司

美味しいものをいっぱい食べた。
豪華だったなー。
体重測定をしてみたら、変化ゼロだったので、一安心。
体脂肪は1%程上昇…。

さてさて、今日は今年始まって以来№1ハッピーな日になりそうな予感。
まだ、今年始まって4日しか経ってないけど(笑)
[PR]
by epokhe | 2006-01-04 19:27

あなたのこれまでへの設問

a0022584_18312181.jpg

あなたがこれまで「最大限頭を使って解決した問題」について、どのように取り組みなぜ解決できたのか、お書き下さい。

と言われたら、あなたは一体何を書きますか?
難しいでしょ。
[PR]
by epokhe | 2006-01-03 18:32

A Happy New Year !!! ~2006~

a0022584_1441069.jpg
↑@Granma's house

あけましておめでとうございました。
あっという間に2006年。
あっという間に戌年。
どんどん歳をとっていきますが、それもまた宿命。
まだまだ未熟者なんで、今年も力続く限り精進致します。

今年の注目バスケットボールプレイヤーは、大阪エヴェッサの波多野和也選手。
「CMバスケダンク編」と「CMバスケロング編」と「CMメイキング」と「ダンクシュート」と「波多野和也選手インタビュー」をご参照ください。
なぜバスケかって?
こう見えて、私は中学時代バスケ部だったんです。
そんなに身長でかくないですが、手は大きく指が長く成長しました(ピアノやってたっていうのもあるが)。
足が速いです。(ずっとリレーの選手でした。いつもマラソン大会や強歩大会で入賞してました。)
短距離だろうが中距離だろうが長距離だろうが、走るの大好きです。
筋力あります。
スタミナあります。
苛酷なトレーニングとか結構好きです(笑)
球の扱い巧いです。(どんな種類の球でも・笑)
実は、スポーツ少女だったのに、なぜか今はあまりそう見られない。(昔からの知り合いはそんなことないけど)
どっちかというと、貧弱系に分類される(?!)
諸君よ、私をなめちゃいけません。
運動させたら負けませんよ、ほんとは。
書いてるうちに、今年は運動年にしようと思い付きました。
そうします。
あ、話題が私の歴史に飛んでしまいましたが、波多野和也選手!
本当にカッコ良い。
めちゃめちゃ運動能力あるし、顔はタイプだし、背高いし、手足長いし、…(以下、省略)。

波多野のプロフィール↓
ポジション :スモールフォワード(SF)
生年月日 :1982年4月19日
血液型 :O型
身長/体重/足のサイズ :192cm/85kg/31cm
出身地 :ブラジル(小学3年までブラジルで育ち、その後帰国)
ニックネーム :ジェイ

192㎝!大きい!
今まで付き合った男性で一番背が高い人が183㎝だったけど、それでも大きいと感じたから、192㎝って相当スラッとそびえる感じなんだろう。
バスケ選手の体つきって結構好き。(ボクサーや格闘家の肉体もいいが。)

というわけで、今年は肉体も精神も行動も意識も鍛えます、という一年にします。
[PR]
by epokhe | 2006-01-03 02:30
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite