試論Records

epokhe.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

electronicsというenvironment

いま、電子工学の時代になって、データ分類はパターン認識に道を譲る。
これはIBMのうたい文句である。
データが瞬間的に移動する時、分類は断片的にすぎる。
典型的な「情報過多」の状況で電気のスピードで流れるデータを処理するためには、全体構造の研究に赴かなければならない。
現在の学校における落ちこぼれ状況は始まったばかりである。
現代の若い学生達は電気によって構造化された世界で成人する。
それは車輪の世界でなく電気回路の世界である。
断片の世界でなく統合パターンの世界である。
現代の学生達は神話と深層の世界に生きている。
しかしながら、学校では分類された情報に基づいて組織された状況に出会うのである。
教科は相互に関連がない。
それらは青写真みたいに視覚的に構想されたものである。
学生は自分で関与する手段を見つけることができない。
また、自分では当然のものと思い決めている、電子工学的加工を受けたデータと経験の「神話」の世界に、教育の場がどう関係するのか見つけることもできない。
あるIBMの重役は、「わたくしの子どもはたちは、小学校一年生に上がったときに、その祖父母と比べると、数倍もの人生を生きていた。」と言っている。
子どもたちは学習過程に参加することが必要なのだが、それがうまくいかないために落ちこぼれ状況がますます悪化する。
この状況は「文化的に不利な子ども」の問題にも関係がある。
こういう子どもはスラム街にいるだけでなく、収入の上位の家庭のそろった郊外にも増えている。
「文化的に不利な子ども」というのは「テレビっ子」のことである。
なぜなら、テレビは低視覚指向性と高参加性を強いる新しい環境を提供し、それが古い教育体制への適応を極めて困難にするからだ。
この事態に対する文化的戦略の一つは、テレビ画像の視覚水準を高めて、若い学生が教室と教科課程といった古い視覚世界に近付きやすくしてやろうというものであろう。
一時的な便法としては試みるに値するであろう。
けれども、テレビは瞬間回路性をもった電気環境全体の一部をなすものにすぎない。
あらゆる手段を尽くして、既存の教育体制が拠って立つ、断片化した視覚の世界からの脱出推移を容易にしてやらないとすれば、愚かなことであろう。
実存主義哲学もまた、新しい電気の環境が及ぼす危機的圧力を指し示す反環境を表現している。
サルトルも、脱出口としては青写真も分類されたデータも専門分化した職務もむなしいことを宣言した。
「逃避」とか「仮の生き方」とかいった言葉さえ、電子工学の引き起こした人間の関与性の新しい場面から退いてしまった。
[PR]
by epokhe | 2006-07-10 22:34

@目黒食堂

帰国仲間Yと、目黒食堂に行ってきた。
DINING ZONEにてお酒&食事を楽しんだ後、CLUB ZONEにて再びアルコールを。。。
食事は見た目も美味しく、味も美味しい。
毎週水曜日は、ドリンク半額かつクラブエントランス料フリーなので、お得。
昨日私は、ビール2杯、ワイン1杯、カクテル4杯飲んだ…。
Yはもっと飲んでいた。(しかも、もっと強い酒を…。)
中高時代のYの海外生活は物凄くて、中高生のうちから、日本の大学生的生活を通り越してオヤジ的生活を送っていた(笑)
例えば、放課後は毎日飲みまくり、煙草を吸いまくり、ハッパをやり(←煙草感覚で)、朝はタクシーで登校、など。
私も酒は強い方だが、Yには敵わない。
酒だけでなく、Yの芯の通った生き方には、敵わない。
Yは本当に大親友で、Yと会って話していると、懐かしくて、愉しくて、自信が持てて、何より空間がとっても文化的になる。
「日常の生活」を過ごしているだけの日々だと、この文化的な感覚は味わえない。
もう、どうしようもなくしっくりきて、いい気分になる。
私達は、お互いがお互いに対して"addicted"なんだということを、お互いが認識している仲である。
[PR]
by epokhe | 2006-07-06 17:11

白洲次郎 『プリンシプルのない日本』

a0022584_0205042.jpg

白洲次郎著『プリンシプルのない日本』が、やっと新潮文庫になった。
以下、帯タイ及びカバー文言。

この男の肉声を聴け。
「戦後史の隠された巨人」唯一の直言集。
日本人の本質をズバリと突く痛快な叱責の数々。


「風の男」、そして「占領を背負った男」――戦後史の重要な場面の数々に立ち会いながら、まとまった著作は遺さなかった白洲次郎が、生前、散発的に発表した文章がこの一冊に。
「他力本願の乞食根性を捨てよ」「イエス・マンを反省せよ」「八方美人が多すぎる」など、日本人の本質をズバリと突く痛快な叱責は、現代人の耳をも心地良く打つ。
その人物像をストレートに伝える、唯一の直言集。



白洲次郎は私の祖父とかぶる。
その性質も、その顔立ちも…。
白洲次郎・白洲正子夫妻は、日本史上最強の唯一無二のカップルで、永遠の憧れである。
白洲次郎・白洲正子夫妻ほど、美意識が高く、潔く、品格のあるカップルはほかに在るだろうか。
「本物」とはこのことだ。

育ちのいい野人、白洲次郎。
彼がいなかったら、日本は無かったかもしれない。
彼が永久に生きていれば、日本はもう少しマシになれたかもしれない。
[PR]
by epokhe | 2006-07-04 01:00

全然"medium"なんかじゃない"mass media"

livedoorのトップページ右上にある「livedoorメディアとしての考え方」をクリックすると、中ほどに「ライブドア事件特集 ライブドアに物申す! 各界著名人・オピニオンリーダーに聞く!」という項目がある。
寄稿記事自体は、数ヶ月前のもので古いかもしれないが、私の捉え方としては森達也氏のオピニオンに近い。

「マスメディア」は、livedoorを「虚業」と吐き捨てて喜んでいたが、
「虚業」の最先端は、ほかならぬ「マスメディア」であろう。
「市場原理」に最も服従しているのは、「マスメディア」であろう。
換言するならば、「ヤクザ」。
アタシ達は、ヤクザに取り囲まれて、生きている。
[PR]
by epokhe | 2006-07-02 14:53

title

七月になったので(?)、ブログタイトルを変えてみた。
「試論」だけでも良いのだけれど、一応これは「record」なので。
[PR]
by epokhe | 2006-07-01 16:44

衝撃news

本日は衝撃的なことが二点あった。
一点目はパーソナルなことなので、ここでは書かない。
ここで書きたいのは二点目である。

私の中高時代の友人が結婚した。
結婚したこと自体は、さして珍しくないし、私達ももはや「若い」とは言えない年齢なので、勿論、結婚して子供のいる友人だっている。
衝撃的なのは、その友人の質が結婚とかけ離れていることだ。
彼女は、学校中で最も優秀な女性と言っていい人で、東大法学部卒の才女である。(入試成績もベスト3くらいじゃないだろうか)
外交官にでもなるのかなと予測していたが、某有名民間企業に入った。
いわゆる「バリキャリ」系で生きてゆく女性のロール・モデルになる人だと誰もが思っていた。
それが、結婚とは…!
彼女からは男のニオイが全くせず、彼女の恋愛の話は聞いたことが無い。
タイプ的に「オバタリアン」タイプで、料理・家事などはプロである。
彼女の例、及び一般例から導き出される結論は以下。

①恋愛経験のない人ほど結婚が早い。吟味能力がないため、吟味することなく結婚できる。
②結婚しなさそうと思われていた人から結婚していく、というジンクスは真実である。
③たくさん恋愛をしてベストの相手と結婚を、と誰もが思うが、出産にはタイムリミットが付き纏う。人間は身体を裏切ることはできない。
④結婚の全ては「タイミング」である。「縁」も「タイミング」のうちである。
⑤日本からキャリア女性が消える日は近い。
⑥ある極端は、真逆の極端を生む。
⑦歴史はregressionである。
⑧人生はflowである。
[PR]
by epokhe | 2006-07-01 02:01
line

MAIL: epokhe@excite.co.jp


by epokhe
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite